ビーガンに対して私が思うこと

“終わりのない戦いが終わればいいな”と思いました。

一度読んだら最後まで出来れば見て下さい…

 

 

ビーガンが身体にどこまで良いのかということは正直あまり分かりません…ぇ(笑)

人それぞれ意見や感じ方も違うので、

合う人はいるだろうし、合わない人は合わない。

 

今の私の考えと私の身体のことを思うと、

私は肉も魚もきっと食べるだろうなと思います。

が、

量は減り、出来る限り良いモノを選ぼうとする意識にはなりました。

 

あと、環境問題。

簡単に言うとお肉が地球に与えている影響を学びました。

これに関しても色んな情報があり、それを確実だと言い切る自信は

私にはまだありません。

 

 

勉強してて思ったのが、

ビーガンに対して日本の認識率が低いということ。

 

いや、ビーガンというか

自分が毎日食べているものに対してあまり興味がないのか、

身体の為やこれからの健康の為というよりかは、

インスタ映えやお店の雰囲気、

低コストでモリモリ食べられるようなご飯が好まれているような気がする。

 

最近やっとオーガニックなものが出てきたけど

それも名ばかりのものも正直多い。

 

ビーガンの人たちは

本当に自分の身体のことを思って

その芯を通しているだけなのに、

それに対してまだまだ多くの日本人から冷ややかな視線を感じます。

 

ただ、一部のビーガンの過激な方もいててお肉を食べる人たちを嫌悪していたり、

その過激な一面を知っている一部のビーガンではない人が、

これまた心無い事を言います。

 

もう終わりのない戦いみたいなものです。

 

 

私は、ビーガンが身体や環境に及ぼす影響をあまりよく分かっていないと冒頭でも言いました。

これを違う表現で言うと、

色んな情報を見てきたけど、「これだ!」という確信までには辿り着けていないという感じです。

 

 

そして、この1年間を通して…

これはビーガンということに限らず、物事は何でもそうだと思うのですが

「どうしてそういう考えなの?」とまずは聞いてほしい。

 

「ビーガンは実は身体に悪くて、肉を食べないと人間はだめだ!」とか

「医学的なデータがこんなんだからビーガンは意味がない」とか

「豆腐を唐揚げにするとか肉に執着残ってるやん」とか

 

データとか医学的根拠とか、揚げ足とるような話をする前に

その人がなぜそういう考えになったのかを聞いてほしい。

 

その人が生まれた環境や育ってきた環境、

どういう性格なのか…

 

色んな積み重ねで今に至っているのです。

 

ちゃんと話を聞けばビーガンでなくとも理解できるところはあると思います。

もちろんその会話にはお互い押しつけや強制があってはだめです。

 

意見や価値観が違うかったとしても、

「こういう意見もあるんだな~」と認識すればいいと思います。

別に無理して仲良くなる必要もないです。

 

 

価値観や意見が合わないからと言って戦うのではなく、

お互いが本当の意味で理解し合うことが大切だと私は思いました。

 

そんなことは綺麗ごとだと分かっているのですが、

少しずつ少しずつ終わりのない戦いが終わればいいなと矛盾したことを思っています。

 

だからこそまだまだこれからも私は勉強し続けていきたいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です