Ⅰ.なぜ私は保険営業職から田舎へ移住したのか編 part⑦

※前回のこのお話を読んでいない方は、カテゴリーの「社会人時代」からご覧ください。

 

生命保険の営業で飛び込み営業というものがあります。

会社の入っているビルを上から順番に訪問します。

これはかなりメンタルを鍛えられました(笑)

 

飛び込み営業をかけて、「あ、ここなんかいい雰囲気だな。」と思ったら何度か再訪します。

 

ある会社もいつもと同じように飛び込んで、いい雰囲気だったので

何度か再訪し、「よし!保険の契約をもらうぞ!」と意気込んでいました。

2、3回訪問してやっとそこの社長さんに会うことが出来ました。

 

しかし、その社長さんは全く保険には興味がない様子。

保険ではなく、むしろ「なぜ私がこの業界で働いているのか?」

「何のために働いているのか?」を問うてきました。

 

最初は、変なプライドもあった為、

「一生懸命社会の為に働いているのに、失礼だなぁ」と思っていました…(笑)

しかし、その社長さんの話が面白くて新鮮で、

安定を求めていた私の何かが急激に変わり始めました。

 

そして真剣に自分と向き合っていきました。

本当は何がしたいのか?

自分の幸せって何なんだ?

本来の自分は何を求めているんだろう?

 

 

「あーそう言えば田舎暮らしに憧れていたなぁ」

「田舎に住みたいなぁ」

「ってことは大阪を離れるっていうことか」

「家族はどうしよう、友達はどうしよう、彼氏はどうしよう。」

「多少の覚悟はいるなぁ」「そんな覚悟私にはあるのか?」

何度も何度も同じことを繰り返し悩みました。

 

でも悩んでも全く前に進まなかったので、

とりあえず少しずつ行動してみました。

 

 

 

2 件のコメント

  • 昨日、田所さんに街を案内していただいた吉田です。
    ブログを読んで、とても素敵で強い意志の持ち主だなぁ!と感じ、思わずコメントを入れさせていただきました。
    私も安定を求めていましたが、友人から刺激を受け自分と向き合うため一人旅をしていました。
    決断し行動に移され高柳さんは素敵です!私も決断し、行動に移せるように…と思っています。
    和歌山県にはこんなに素敵なところがあるなんて!ととても感動しております。今度まとまった休みができましたら、友人と一緒に泊まりに行かせていただきます。
    これからも頑張ってください!

    • 田さん!先日は少しでもお会いできてとても嬉しかったです。有難うございます。
      人それぞれのタイミングときっかけとご縁がありますよね。
      またじっくり話してみたいな~

      またお会いできることを本当に楽しみにしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です