自分のこだわり

前々から薄々気づいてたことがあって、

モノへのこだわり、見え方のこだわり(外観とか容姿とか)、発信の仕方のこだわり等々

あんまりない。

 

例えば、

昨日ペンキ塗りをしてて、枠外に大分はみだしてたけど目立たないし「まぁ、いっか~」みたいな。

私がセンスがないのは多分ここからきてる。

そういうことに関してのセンスを磨く努力を全くしない。

 

けどまぁ一応それっぽいモノは作らないとな~。

けどそんな風に思うのはよくないですよね、、、

 

と、ある先輩に相談したら

「違う所でこだわってるんやからいいんちゃう?」

 

 

 

たしかに!!!!!!(笑)

 

私がこだわりたいのは、

人と人が繋がる仕組み。

人と自然が繋がる仕組み。

 

なので、家の内装外観のデザインやDIY作業というよりかは

その時間を、

人に会う時間、本質的に生きていく術を学ぶ時間(狩猟や食事、身の回りの日用品の選び方)

に費やしたい。

 

これが正解なのかは分からんけど、

ひとまずこういう人間何やな~と気づけた。

 

 

 

before

 

 

 

 

after

1 個のコメント

  • 外装とても綺麗になりましたね。

    十分センスがあると思いますが、オーナー本人は納得していないみたいですね。

    先輩は的確なアドバイスをする人のようで、驚きました。

    たまにいますよね。
    観察力があるのか、人のことなのに的確なことを言って本人も納得させる人。

    こうゆう事を言える人は、かなり羨ましい。

    私にも、このようなセンスがほしいものです。

    きっとオーナーは
    人と人が繋がるのが
    人と自然が繋がるのが好きなんでしょうね。

    自分の好きなことに、限りある人生の時間を沢山使いたいですね。

    知ってました?

    好きなことがある人は最強なのです!

    天才は努力家に勝てません。

    努力を続けて、いつか天才を抜かすからです。

    努力家は、好きでやっている人に勝てません。

    努力には、自分の精神に限界があります。

    しかし、好きでやっていることには限界はなく
    楽しみながら、やり続けることができます。

    興味があること、費したいこと、好きなこと

    自分の事を知ることの、大切さを考えさせられる記事でした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です